【宮城仙台】の法人破産(会社破産)・自営業者破産のご相談はコトバ法律事務所まで。さまざまな業種・業態の破産再生実績のある経験豊かな弁護士がお手伝いします。初回相談料0円。

​​​小売業者・卸売業者が破産する場合の注意点

小売店(スーパーマーケット、アパレル販売店、書店、薬局など)や卸売店は食品や季節ものの衣類などを扱っているため、在庫品の処分時期が遅れると換価価値が大きく下落してしまうおそれがあります。

破産手続きの開始後に破産財団が多額の不良在庫を抱えたり安値での売却を強いられたりすることがないように、在庫品の調整管理や売却先候補の下調べなどをしておく必要があります。

小売店(スーパーマーケット、アパレル販売店、書店、薬局など)や卸売店は食品や季節ものの衣類などを扱っているため、在庫品の処分時期が遅れると換価価値が大きく下落してしまうおそれがあります。

破産手続きの開始後に破産財団が多額の不良在庫を抱えたり安値での売却を強いられたりすることがないように、在庫品の調整管理や売却先候補の下調べなどをしておく必要があります。

1. 電気系統の確保

倉庫に残っている在庫品などはその権利の帰属者を確定したうえで、会社・事業主に帰属するものは破産手続きの中で換価売却することになります。

そのため、要冷蔵の食品などを扱っている場合には、腐敗させてしまわないように電気系統を確保しておいてください。

2. 委託販売品の有無の確認

在庫品の中に委託販売品がある場合には、契約内容によっては委託先に返品する必要があるため、あらかじめ委託販売品がないかどうかを確認しておきましょう。

3. 在庫品の管理​

食品を扱っている場合には、消費期限などがきちんと管理把握されていないと破産手続きの中での売却処分に支障が生じかねません。
また、日持ちしない在庫品については保管費用や廃棄費用が発生する前に早期に処分する必要があります。

そのため、保管場所や消費期限、種類数量の確認といった在庫管理を適切に行ったうえで、債権者や従業員によって無断で持ち去られないような措置(警備契約の継続など)をとっておく必要があります。

また、債権者が在庫品などの返還を求める権利を主張してきた場合も、安易に返還には応じずに弁護士に確認してください。

4. 従業員との関係への配慮

倉庫内に残っている在庫品などを適切な価格で売却するためには、販売ルートなどに精通している従業員の協力が不可欠です。
破産することが決まったからといって、従業員との関係を不用意に悪化させないように注意してください。