【宮城仙台】の法人破産(会社破産)・自営業者破産のご相談はコトバ法律事務所まで。さまざまな業種・業態の破産再生実績のある経験豊かな弁護士がお手伝いします。初回相談料0円。

​​​飲食業者が破産する場合の注意点

飲食店(レストラン、居酒屋、キャバクラ、ラウンジなど)は店舗物件を賃借して事業を営んでいることが多く、しかも入居の際に改装を施していることがほとんどです。

そのため、飲食店が破産する場合には、大家(賃貸人)に事業用の賃借物件をスムーズに明け渡せるかどうかが大きな関心事になります。

飲食店(レストラン、居酒屋、キャバクラ、ラウンジなど)は店舗物件を賃借して事業を営んでいることが多く、しかも入居の際に改装を施していることがほとんどです。

そのため、飲食店が破産する場合には、大家(賃貸人)に事業用の賃借物件をスムーズに明け渡せるかどうかが大きな関心事になります。

1. 在庫品の管理​

レストランや居酒屋では相当数の生鮮食品類を扱っているため、廃業する見込みになった時点から、在庫量を必要最小限にコントロールするとともに、保管費用や廃棄費用が発生する前に早期に消費あるいは処分する必要があります。

2. 店舗物件の鍵の回収

飲食店では、店舗物件を鍵を従業員だけでなく、仕入業者にも預けて商品を補充させている場合があります。

そのような場合には、事業を廃止する前(営業最終日よりも前)に店舗の鍵を全て回収しておき、廃業することを知った債権者によって動産類が無断で持ち去られることがないように手当しておきましょう。

3. 賃借物件の明渡しの準備とスケジュールの確認

飲食店が廃業したとしても、賃借物件を明け渡さない限り賃料(あるいは賃料相当額の損害金)の支払いの負担は負い続けます。そのため、廃業後できるだけ早期に大家に賃借物件を明け渡す必要があります。

また、居抜きで借り始めた場合も原則として原状回復を行いスケルトンにして返還しなければいけません。

ただ、店舗物件の原状回復には多額の費用がかかるため、原状回復費用をあらかじめ確保しておくか、あるいは居抜きの状態での借受希望者を探しおくなどして、明渡しをめぐって大家との間でトラブルが生じないように手当しておく必要があります。

4. キャッシュレス決済端末の所在の確認

キャッシュレス決済に用いる端末をクレジットカード会社などからレンタルをしている場合は、廃業後に連絡をしたうえで返却しなければいけません。長期間使用していない端末がある場合にはあらかじめ所在を確認しておいてください。