【宮城仙台】の法人破産(会社破産)・自営業者破産のご相談はコトバ法律事務所まで。さまざまな業種・業態の破産再生実績のある経験豊かな弁護士がお手伝いします。初回相談料0円。

​​クリーニング店が破産する場合の注意点

クリーニング業者は工場や店舗に顧客からの預かり品を多数保管しており、その中には顧客の申し出に応じて速やかに返却しないとトラブルに発展するおそれがあるものも含まれています。

そのため、廃業後も顧客からの返還要求に迅速に対応できる体制を整えておく必要があります。

また、クリーニング業では有機溶剤を使用しているため敷地について土壌汚染の調査の実施を求められる可能性があり、この点についても廃業前にあらかじめ確認しておくことが望ましいといえます。

クリーニング業者は工場や店舗に顧客からの預かり品を多数保管しており、その中には顧客の申し出に応じて速やかに返却しないとトラブルに発展するおそれがあるものも含まれています。

そのため、廃業後も顧客からの返還要求に迅速に対応できる体制を整えておく必要があります。

また、クリーニング業では有機溶剤を使用しているため敷地について土壌汚染の調査の実施を求められる可能性があり、この点についても廃業前にあらかじめ確認しておくことが望ましいといえます。

1. 顧客からの預かり品の返還の準備

クリーニング業者の破産では、廃業後も顧客からの預かり品の返還要求に対応する必要があるため、あらかじめ預かり品の返還の方法や手順を決めておき、これを廃業後に速やかにホームページや店頭での告知、個別の連絡などの方法で周知しておく必要があります。

2. 有害物質使用特定施設に該当するかどうかの確認

店舗や工場が有害物質使用特定施設(水質汚濁防止法2条2項)に該当する場合は、クリーニング所の廃止届以外にも同施設の使用の廃止後30日以内に水質汚濁防止法に基づく使用廃止届出書を敷地の状況届と一緒に知事に提出しなければいけません。

加えて、土地の所有者などは、原則として廃止の日から120日以内に土地の土壌汚染状況調査を実施して知事に報告しなければいけません(土壌対策汚染法3条1項) 。

このように、有害物質使用特定施設にあたれば土壌調査の義務などが生じるため、あらかじめ同施設に該当するかどうかを確認しておく必要があります。

例えば、クリーニング店で、テトラクロロエチレン(パークレン)を溶剤として使用するドライクリーニングマシンを使用している場合は、有害物質使用特定施設に該当します。

3. 従業員との関係の維持

クリーニング業者の破産では、有機溶剤の保管場所や土壌汚染の可能性などに詳しく顧客への預かり品の返還業務にも精通している古くからの従業員の協力が不可欠です。
破産することが決まったからといって、従業員との関係を不用意に悪化させないように注意してください。